日本学術会議

菅首相(内閣)が日本学術会議の会員として6名を任命拒否したことで話題を呼んでいます。私自身、このニュースが出るまで「日本学術会議」という存在そのものを知りませんでした。

 

今回の任命拒否により、その問題点を広く日本国民に知らせてくれた菅首相(内閣)にまずは感謝したいと思います。

 

ネット検索する限りにおいては、歴史的な経緯もあって日本学術会議が主張するところの「学問の自由」とは、「学問を利用して日本国を弱体化するための自由」という矮小化された意味合いにとる傾向があるようです。つまり、GHQの呪縛が現在も生きているということでしょうか。

 

中国の軍事研究には協力し、日本の安全保障の動きに対しては異議を唱えてきたということが事実であるならば、一国民として許すことはできません。存在そのものを解体したくないのであれば、国家の支援をすべて辞退して、独立独歩の組織に変更すべきです。

 

今の時代だけでなく、未来を担う私たちの子孫がよりよい日本国を引き継いでいこうとする意志に背くような動きがあるのであれば、日本国民として看過することはできません。

 

今後もこの組織が存在し続けるのであれば、日本を弱体化するためではなく、自分たちの既得権益を守るためでもなく、未来に向けてよりよい日本にしていくための会議として、勇気をもって軌道修正されることを望みたいと思います。