東海道新幹線

緊急事態宣言が解除されて数日後に東海道新幹線・のぞみに乗る用事があったのですが、一両まるごと貸切状態でした。私と同じ車両には、他にもう一人乗車していただけでした。 最近、のぞみに乗りましたが、やはりその時と比較するとかなり乗客数は戻ってきて…

東京駅丸の内北口2

先日、東京駅丸の内北口から大手町駅へ向かいましたが、横断歩道がさらに改修され、以前のような状態に戻されていました。横断歩道の向きが東京駅構内からまっすぐ延びていて、歩道の柵も一部外されたのか、歩道幅がかなり広がっていました。 この東京駅丸の…

日本学術会議

菅首相(内閣)が日本学術会議の会員として6名を任命拒否したことで話題を呼んでいます。私自身、このニュースが出るまで「日本学術会議」という存在そのものを知りませんでした。 今回の任命拒否により、その問題点を広く日本国民に知らせてくれた菅首相(…

6連敗

昨日、藤井聡太二冠と豊島将之二冠との対局があり、またしても藤井二冠が豊島二冠に敗れ、これで豊島二冠に対して公式戦6連敗となりました。藤井二冠のファンである私自身の気持ちを整理するために、あまり意味はありませんが、なぜ6連敗したのかを整理し…

東京駅丸の内北口

以前からずっと感じていたのですが、大手町方面から東京駅構内へ入っていく際、改修工事によって歩行の導線が非常に悪くなりました。 以前であれば、信号のある横断歩道を真っ直ぐ歩いていけば、そのまま真っ直ぐに丸の内北口から東京駅構内に入っていけたの…

超一流への憧れ

昨年のラグビーワールドカップ日本大会は大いに盛り上がりましたが、それ以降、スポーツを見ていてあまり興奮することがありません。あのときの印象があまりにも強烈すぎて、自分自身の気持ちの中でハードルが高くなってしまったのかもしれませんが、あのと…

ラグビーワールドカップ

ラグビー ワールドカップ2019が開催されてから一年が経過します。最近、当時の日本戦を動画で見ましたが、久しぶりにラグビー 熱が蘇ってきました。 ラグビー ワールドカップの開会式を迎えるまで、国内ではほとんど盛り上がっていませんでしたが、開会式直…

5連敗

藤井聡太二冠が先日のJT杯でも豊島将之竜王に破れ、これで対戦成績は公式戦5連敗となりました。 なぜ豊島竜王に5連敗したのか、豊島竜王のコメントをもとに私なりに整理してみたいと思います。 ネットニュースによると、豊島竜王は「(5連勝のうち)最初…

京(けい)の世界

現在、世界中の株式時価総額は約1万兆円、つまり約1京円ということです。 今までは「兆」の単位までしか目にすることはなかったのですが、いよいよ「京」という単位も馴染んでいくことを求められているようです。 今後、世界を表す上で「京」のさらに先を…

頭の中のCPU

先日、将棋のプロ棋士が藤井聡太二冠の何がすごいのかを解説している動画を見たのですが、非常にわかりやすい内容でした。 藤井二冠はよく「ジェットエンジンを搭載している」と例えられますが、つまり計算速度が全く異なるということでした。 例えば、平均…

操作主義の読解力

「操作主義」が世の中に蔓延っています。「操作主義」とは、他人やある特定集団、あるいは世論といったものを、自分や自分たちの意に沿うように操ろうとすること、だと思われます。 最近はSNSが生活の中にかなり浸透していますが、例えば一定数の仲間を集め…

安倍首相

先週、安倍晋三氏が首相の職を辞することを発表されました。病が理由ということですから致し方ありませんが、非常に残念です。 安倍首相の結果責任に対していろいろな意見があるのは当然でしょうが、少なくとも私個人としては安倍さんが首相の座にいる間は安…

さよなら、夏の日

今日は8月最後の日です。危険な猛暑日が続き、とても風流な気分を味わう余裕はありませんが、せいぜい冷房の効いた室内で夏の歌を聴いて少しだけ夏の気分を楽しみました。 今年の8月の出来事で、個人的に関心が高かったことは藤井聡太七段(当時)の二冠獲…

飛行機からの夜景

飛行機に乗るときは、できるだけ空から見える景色を楽しむようにしています。 夜の便はほとんど真っ暗であまり楽しむことはできませんが、それでもときどき綺麗な街の灯りに遭遇することがあります。

秘密

最近、谷崎潤一郎の「秘密」という小説を読んだのですが、非常に面白く、短編ということもあって一気に読み終えました。特に中高年世代に響く内容になっているのではないかと思います。 主人公が女装することや、最後に主人公が「血だらけな歓楽」を求める気…

星々の悲しみ

30年以上前になりますが、私が高校生だったときに民間企業による大学受験の模擬試験で、国語の現代文の問題に宮本輝氏の「星々の悲しみ」が採用されていました。 問題を解くために本文を初めて読んだとき、「いい小説だなあ」と感動してしまい、問題を解くこ…

雪のない富士山

いつも利用している国内線の飛行機の中の時間を楽しむため、できるだけ外の景色を見るようにしています。 特に富士山は必ず確認するポイントとなっているのですが、先日見た富士山は雪をかぶっていませんでした。 かなり暑い日が続いており、しかも今年はマ…

初戴冠

藤井聡太七段が渡辺明三冠に挑戦していた棋聖戦は藤井七段が勝ち越し、藤井新棋聖が誕生しました。昨日はNHKでも速報のニュースが出ていましたし、改めて注目度の高さを実感しました。 昨日の藤井新棋聖の記者会見を見て感じたことですが、藤井新棋聖からす…

緊急事態宣言を受けて変わったこと

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受けて、私の生活で変わったことの一つに読書の仕方が挙げられます。 私自身、「本を読むのは紙派」を自認していたのですが、自宅に引きこもっていた時期、試しに本をダウンロードしてスマホで読んでみました。すると…

殺害予告の電話

藤井聡太七段に対して、瀬戸市役所に殺害予告の電話がかかっていたそうです。将棋界においてはすでにトップ棋士のひとりであることに異論をはさむ人はいないでしょうが、将棋を離れるとまだ高校生のひとりです。 藤井将棋のネット観戦ファンのひとりとして、…

雨傘の進化形

雨の日に傘をさすと、いつも思うことがあります。「今の傘は最終形ではない」ということを。 もちろん、今の傘を生み出すまでに多くの苦労と工夫があったでしょうし、今の傘のおかげで雨の日には充分恩恵を受けていますが、それでも傘の形状はまだまだ改良さ…

大熱戦

昨日の藤井聡太七段と永瀬拓矢二冠の一戦は、久しぶりに手に汗握る大熱戦となりました。こんなに興奮したのは、昨年のラグビーワールドカップ以来でしょうか。 無料のインターネットテレビで最初から最後まで中継されていたのですが、序盤から難しい局面に突…

スニーカー

6月に入り、将棋界も本格的に棋戦が動き始めました。昨日は藤井聡太七段の対局がインターネット中継され、久しぶりに藤井将棋の観戦を堪能しました。 将棋の内容もさることながら、昨日は対局後のインタビューが面白かった。いつも通りそつなく受け答えして…

ポストコロナ

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が5月26日0時から東京都も解除されました。その後も東京都独自のロードマップがあるようですが、街には活気が戻りつつあります。 今回の事態を通して思わぬかたちでテレワークが浸透しつつあり、デジタルシフトという大…

アフターコロナ、ウィズコロナ

2020年3月期の決算説明会がいろいろな企業で行われています。昨日はトヨタ自動車の豊田社長も発表していました。インターネット環境を通してライブで視聴できること、また多くの企業がトップ自ら発表していることから、自分自身の中では注目度の高いイベント…

出口戦略

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の延長を受け、「出口戦略」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。 「出口戦略」とは、もともと軍事用語からきているようで、例えば経営においては、ある事業からいかに損失を最小限に抑えて撤退するかを判断す…

ステイホーム

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が延長されそうです。「ステイホーム」という言葉が浸透し、今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれません。 私自身、家でじっとしていることはそれほど苦にはならないほうだと思っていたのですが、「外出を控えて…

DNAにまで沁み込む志村けんさん

誰かがコメントしていましたが、志村けんさんは私たちのDNAレベルにまで沁み込んでいるようです。 悲しい知らせを聞いてニ週間が経っても、未だ悲しみは癒えそうにありません。ただ、悲しみが完全に消えることはなくても、前を向いて歩いていくしかありませ…

東京2020開会式でバカ殿を!

もし来年、東京2020を無事開催することができたなら、開会式はどうするのでしょうか? この状況で、開会式に志村けんさんを出さないのはあり得ないと思います。志村けんさんの出ない開会式は、他の誰が出ても物足りなく感じます。 新型コロナウィルスを乗り…

志村けんさん

偉大な人が亡くなりました。 僕たちが小学生だったとき、土曜の夜8時台を中心に一週間がまわっていると言っても過言ではありませんでした。僕たち世代の子供たちが「8時だよ、全員集合!」に寄せる期待値のハードルは最高潮に高止まりしていました。考えて…